コードトーカー デッキレシピ・紹介

コードトーカー デッキレシピ・紹介

どうも、マレウスです。

今回は最近の大会でも入賞報告がちらほらある
「コード・トーカー」
の紹介をしていきます。

まずはデッキレシピから

メインデッキ(40枚)

モンスター(28枚)
マイクロ・コーダ×3枚
レディ・デバッカー×3枚
サイバース・ガジェット×3枚
パラレルエクシード×2枚
コード・ジェネレーター×1枚
コード・エクスポーター×1枚
ドット・スケーパー×1枚
バックアップ・セクレタリー×1枚
転生炎獣ガゼル×1枚
転生炎獣スピニー×1枚
転生炎獣ミーア×1枚
ガッチリ@イグニスター×1枚
増殖するG×3枚
灰流うらら×3枚
エフェクト・ヴェーラー×3枚

魔法(6枚)
サバネット・コーデック×2枚
転生炎獣の炎陣×1枚
転生炎獣の聖域×1枚
墓穴の指名者×2枚

罠(6枚)
サイバネット・コンフリクト×2枚
無限泡影×3枚
王宮の勅命×1枚

EXデッキ(15枚)
転生炎獣ベイルリンクス×1枚
転生炎獣アルミラージ×1枚
リンクスパイダー×1枚
リングリボー×1枚
コード・トーカー×1枚
コード・トーカー・インヴァート×1枚
アップデートジャマー×1枚
スプラッシュメイジ×2枚
エクスコード・トーカー×1枚
デコード・トーカ・ヒートソウル×1枚
トランス・コード・トーカー×2枚
アクセス・コード・トーカー×2枚

以上になります。

この「コード・トーカー」というデッキは自由枠が多く永続魔法の「サイバネット・コーデック」でサーチできるので色々なモンスターの選択しがあります。

「サイバネット・コーデック」
このカード名の効果は同一チェーン上では1度しか発動できない。①:「コード・トーカー」モンスターがEXデッキから自分フィールドに特殊召喚された場合、そのモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターと同じ属性のサイバース族モンスター1体をデッキから手札に加える。このターン、同じ属性のモンスターを自分の「サイバネット・コーデック」の効果で手札に加える事はできない。この効果の発動後、ターン終了時まで自分はサイバース族モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

このカードで色々な属性のモンスターをサーチできるのでサイバース族なら殆どが採用出来ます。

今回は炎属性のサラマングレイトを多めに地属性にガッチリ@イグニスターを採用しました。

デッキの回しかたは

基本は何かモンスターを通常召喚し手札のの特殊召喚出来るモンスターや「コード・トーカー」をリンク召喚する場合に手札と場でリンク召喚できる「マイクロ・コーダ」などを使用し展開していく事が出来ます。

だいだい先行では「デコード・トーカ・ヒートソウル」+「サイバネット・コンフリクト」などの盤面を安定して作る事ができ、後攻なら「アクセス・コード・トーカー」で相手の盤面を崩壊させる事が出来ます。

以上、マレウスでした。