新リミットレギュレーション【2020年10月1日】

新リミットレギュレーション【2020年10月1日】

どうも、マレウスです。

今回は2020年10月1日に変更される新しいリミットレギュレーションの話を少ししていきたいと思います。

今回のリストはこんな感じになっています。

禁止
超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ(前回、制限)
SNo.0 ホープ・ゼアル(前回、無制限)

制限
宵星の騎士ギルス(前回、無制限)
ワン・フォー・ワン(前回、準制限)

準制限
希望の記憶(前回、無制限)
天底の使徒(前回、無制限)
墓穴の指名者(前回、無制限)

無制限 (制限解除)
輝白竜 ワイバースター(前回、準制限)
処刑人-マキュラ(前回、準制限)
ネクロフェイス(前回、無制限)
真紅眼融合(前回、制限)
パーソナル・スプーフィング(前回、準制限)

遂に「超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ」が禁止に行きましたね。
個人的には制限のままで良かったかなとは思いますが今まで色々と悪い事をやりすぎてたので仕方無いのかもしれませんね。

もう1枚の禁止が「SNo.0 ホープ・ゼアル」です。
このカード自体は使うデッキが一部なのですが相手に何もさせない効果はゲームが面白くなく感じる事があるのでこうなっても仕方ない感じはあります。
1回、制限を経由してから行くかなとは個人的には思ってました。

次に準制限のカード達ですが
「天底の使徒」がなりました。
色々な所で無茶苦茶やってる「ドラグマ」に最初の調整がされましたね。
このカードがドラグマで一番のパワーカードなので規制が入るのは妥当でしょう、実際このカードが制限が準制限になる予想をしていたプレイヤーは多いと思います。
たぶん次のリミットレギュレーションでは制限に行ってると思います。

そしてあまり予想されていなかったのが「墓穴の指名者」の準制限ですね。
少し前に海外でのリミットレギュレーションでは準制限が発表されていましたが日本でも準制限に行ってしまいました。
「増殖するG」が無い海外と存在している日本では同じ準制限でも与える影響は大きく違うと思います。

「増加するG」がめちゃくちゃ刺さる展開系のデッキが好きな僕個人としては非常に悲しい発表でした。

無制限になったカード達で印象に残るのは
「輝白竜 ワイバースター」ぐらいでしょうか?
ちょうど次に発売される「ワールド・プレミアムパック」にて収録されるカオスとも相性がいいのでそこら辺を鑑みて無制限になったのではないでしょうか。

「処刑人-マキュラ」と「ネクロフェイス」はとりあえず順繰りに制限緩和されていっただけなのであまり意味は無さそうですし、「真紅眼融合」もドラグーンが禁止になるなら無制限に緩和されるのは当然だと思います。(元々このカードに制限かけてた理由も無いとは思いますが)

最後に「パーソナル・スプーフィング」も無制限になりました。
しかしながら「オルターガイスト」はほとんど知らないので分かりません!すみません!!

以上、マレウスでした。