魔救(アダマシア)デッキレシピ、各カード紹介

魔救(アダマシア)デッキレシピ、各カード紹介

お久しぶりです、ベリーです!
今回はアダマシア(魔救)のデッキレシピになります。
海外での大会結果や最近CSなどでもよく見られるテーマになりますね。
では実際のレシピや回し方について、簡単に説明していきたいと思います。
構築
では実際のデッキレシピはこちらになります。

メインデッキ 40(16)
魔救の追求者×3
魔救の探索者×3
魔救の分析者×3
怒気土器×3
コアキメイル・ガーディアン×3
ゲート・ブロッカー×3
魔救の奇石ードラガイト×1
ブロック・ドラゴン×1
ギガンテス×1
ネメシス・キーストーン×1
幻獣機オライオン×1
魔救の息吹×1
=================
灰流うらら×3
増殖するG×2
エフェクト・ヴェーラー×1
墓穴の指名者×3
抹殺の指名者×3
無限泡影×1
原始生命態ニビル×1
ハーピィの羽根帚×1
禁じられた一滴×1

EXデッキ 15
古神クトグア×1
魔救の奇跡ーラピュタイト×1
魔救の奇跡ーレオナイト×1
ヴァレルロード・S・ドラゴン×1
魔救の奇跡ードラガイト×1
武力の軍奏×1
御影志士×1
リンクロス×1
I:Pマスカレーナ×1
トロイメア・フェニックス×1
ユニオン・キャリア―×1
水晶機巧ーハリファイバー×1
トロイメア・ユニコーン×1
アクセスコード・トーカー×1
召命の神弓ーアポロウーサ×1

今回の構築に関して誘発汎用枠が16枠となります、アダマシアに関してはかなり構築の自由度が高いと思います。

デッキを組むにあたって考えた内容
・初動に関してはアダマシアチューナーor怒気土器からアダマシアチューナをデッキからリクルートの2パターンが存在します。アダマシアチューナーからガチャガチャタイムが始まりますが外すとほぼ動けなくなるため非チューナーの割合を多く積む必要があります。今回に関しては11枚の採用となっています。

・アダマシアシンクロの②の効果を使用するには対応した属性が必要になるため展開途中に火、風、水の3種類を墓地に送る必要があるため今回の構築ではハリファイバー、武力の軍奏、古神クトグアを一連の流れとして展開途中に挟むことで効果を使用できるようにしています。

・アダマシアには下級の奇石が三種類存在しますが、今回はドローができる可能性がある水属性のみを採用しています。怒気土器を採用しているためデッキの中の岩石族非チューナーは魔救の分析者を特殊召喚することができる星4地属性岩石である必要があるためコアキメイル・ガーディアンとゲート・ブロッカーを採用しています。

個別採用カード理由

メインデッキ
魔救の追求者×3
魔救の探索者×3
魔救の分析者×3
このデッキの核にあたるためフル投入です。
どれか1種でも引くことができるとガチャガチャを開始することができ、成功するとハリファイバーまで動かすことができます。先行展開の場合だとアダマシアチューナのみからスタートした場合はリンクロス+I:Pマスカレーナ+レオナイトぐらいでターンを返すことができますね。レベル4岩石+魔救の追求者でヴァレルロード・S・ドラゴン4体素材の召命の神弓ーアポロウーサぐらいの盤面までは作ることが可能です。

怒気土器×3
展開パーツの補助です。魔救の奇縁は発動後の制限が厳しいためアダマシアチューナーにつなげるカードはできる限り積んだほうがデッキを回している感触は良かったです。途中に捲れて出てきても手札の余っている岩石族を消費できます。欠点としてはデッキの中に入れることができる岩石族に制限がつくところですね。

コアキメイル・ガーディアン×3
ゲート・ブロッカー×3
星4地属性岩石族の枠です、この枠に関してはいろいろと選択肢があります。
今回は先行などでモンスターなどの手札誘発を止めることができるコアキメイル・ガーディアンと後行の際に除去からチューナーを守ることがゲート・ブロッカーを採用しています。コアキメイル軸にしても面白いと思います。

魔救の奇石ードラガイト×1
かなり悩んだ1枠でした。採用した理由に関しては魔救の奇跡ードラガイト×1を複数回プレイすることができる点と単純に展開途中に1ドローできる可能性がある点と長期戦になった際に魔救の奇跡ーレオナイトから蘇生することでドローができる点です。引いてしまうと怒気土器で捨てることができないため事故の要因になってしまいます。EXデッキに転生炎獣アルミラージを積んでいる場合は魔救の息吹でチューナを手札に加えることができるため疑似的なサーチに代わるためお勧めです。

ブロック・ドラゴン×1
最強の岩石族です。墓地に送ることで星8になるように岩石族をサーチすることが可能であるためアダマシアチューナ3種を持ってくることでリソースを回収することができます。基本的には御影志士で持ってくることが多いですがユニオン・キャリア―で装備しシンクロorリンクで無理やり墓地に送ることが可能です。このギミックはかなり使いますので覚えていて損はないと思います。

ギガンテス×1
ブロック・ドラゴンから持ってくるカードの1つになります。魔救の追求者と一緒に持ってくることでギガンテス特殊召喚から動くことが可能なため1枚は入れていると便利だと思います。後手の際に初動を破壊されると厳しいですが無理やり動くことができる可能性がありますね。

ネメシス・キーストーン×1
御影志士からサーチするカードの1枚です。用途としてはI:Pマスカレーナをリンク召喚するために使用します。
墓地に落ちてからはブロック・ドラゴンで除外してリソースとして使用します。

幻獣機オライオン×1
ハリファイバーから出す用のカードです。リンクロスから武力の軍奏を出して盤面を横に広げることができます
ユニオン・キャリア―を出すためにも使用しますね。

魔救の息吹×1
岩石族の蘇生魔法ですね。アダマシアの場合は初動を止められてしまうと完全に沈黙してしまうためデッキに採用しています。ターン1に制限がないため複数枚積んだとしても同一ターンに発動はできますがチューナーを引かないと動けないため今回は1枚のみの採用としています。

EXデッキ
古神クトグア×1
火属性を展開途中に組み込むために採用しています。武力の軍奏からシンクロ召喚をすることでチューナー扱いになるため怒気土器が盤面にいる場合は星6シンクロに、星4が盤面にいる場合は御影志士につなげることができます。その場合は1ドローがついてくるため非常にお得ですね!

魔救の奇跡ーラピュタイト×1
チューナーも出すことができるシンクロモンスターですね。このシンクロから動くことからができるため必ず必要ですね。相手ターン中の効果は墓地依存であるため盤面に残す優先度は低いですので星8シンクロの素体にするのがいいと思います。

魔救の奇跡ーレオナイト×1
デッキトップ5枚のなかからアダマシアをサーチするシンクロモンスターです。このモンスターに関しては墓地から蘇生する効果が主体となるため古神クトグアからつながった場合に出す必要があります。コアキメイル・ガーディアンを蘇生することができた場合1妨害増え、そのままI:Pマスカレーナと一緒にリンク召喚すると無駄がないです。そのまま盤面に残っていてもかなり優秀ですので盤面に応じた使用がいいですね。

ヴァレルロード・S・ドラゴン×1
星8シンクロの1種です、展開の多くがハリファイバーを使うため装備することができ先行展開の場合はかなり重宝します。先行でヴァレルロード・S・ドラゴン+コアキメイル・ガーディアン+召命の神弓ーアポロウーサまでいくと流石に通常のデッキは突破は難しいですね。

魔救の奇跡ードラガイト×1
アダマシアの看板モンスターですね、滅茶苦茶強いです。対象を取らない複数バウンスと魔法、罠を無効できる効果と攻撃力3000のステータス。後行で相手が盤面を展開していた場合の多くはこのモンスターの効果で打開していくことが多いです。魔法、罠効果を無効にするためには水属性が必要ですが基本的にはハリファイバーから動くためあまり意識する必要はないですね。

武力の軍奏×1
ハリファイバーオライオンリンクロスから展開した場合に武力の軍奏+オライオントークンで星6シンクロを作るか古神クトグアの展開パターンかのどちらかを選択することができます。魔救の追求者から展開した場合はラピュタイトを出して展開することが多いです。

御影志士×1
クトグア+星4で作るパターンが一番多いです。使用用途としては魔救の追求者から無理やり動くことが可能です。ブロックドラゴンをサーチし、そのまま特殊召喚からリンク素材にすることで後続を確保することができます。

リンクロス×1
展開パーツです。ハリファイバーオライオンリンクロスが一連の流れですね。

I:Pマスカレーナ×1
最終的な盤面の際にリンクロス+ユニオンキャリアが盤面に残るために一緒にリンク素材にすることでアポロウーサorトロイメア・ユニコーンを出すことで妨害数を増やすことが可能です。リンク素材に関してはブロックドラゴン+御影志士で作ることが多いですね。

トロイメア・フェニックス×1
火属性汎用リンクモンスターです。この枠に関して転生炎獣アルミラージと悩みましたが今回の場合はトロイメア・フェニックスを採用しました。魔救の息吹+魔救の奇石ードラガイトのパッケージを採用した場合はアルミラージのほうが便利ですね。

ユニオン・キャリア―×1
ブロックドラゴンを装備するために採用しています、主にオライオン+オライオントークンでリンク召喚します。
盤面に残ったユニオンキャリア―はI:Pマスカレーナと一緒にリンク素材が一番いいですね。

水晶機巧ーハリファイバー×1
最強です、通れば勝ちますので横にコアキメイル・ガーディアンを出すことでより安全に効果を通すことができます。逆にハリファイバーが通らない場合はEXモンスターがかなり使えなくなってしまうため注意が必要です。

トロイメア・ユニコーン×1
I:Pマスカレーナから相手ターン中にリンク召喚するのが主な使用方法となります。緊急時には普通にリンク召喚で除去ができるため優秀です。

アクセスコード・トーカー
展開途中で水、光、闇のリンクモンスターが墓地に落ちることが多いため採用しています。盤面解決能力と打点が非常に高いため魔救の奇跡ードラガイトと同じく盤面を返すことができる非常に強力な一枚ですね。

召命の神弓ーアポロウーサ
I:Pマスカレーナを利用し盤面に残ったユニオン・キャリア―、リンクロスを巻き込んで出します。先行展開の場合の終着点の一枚になります。基本的には3体でリンク召喚しますがレオナイトなどが出ている場合は4体リンクも視野に入ります。

今回採用しなかったカードについて
超魔導竜騎士ードラグーン・オブ・レッドアイズ
正直な話をしますと滅茶苦茶相性いいです。余ったリンクロスを適当にアナコンダに変換できるため当初は採用しようかと考えましたがアダマシアの紹介でこのカードを使うか悩んだ結果、最終的には採用しなかったです。

魔救の奇石ードラガイト
魔救の奇石ーラピュタイト
魔救の奇石ーレオナイト
鉱石3種類ですね、それぞれ墓地からシンクロモンスターをEXデッキに戻すことができるため長期戦に強くなるのですが、今回の場合は怒気土器を採用しているため手札から捨ててもチューナにつながらないため今回は採用に至りませんでした。

おろかな埋葬
亡龍の戦慄ーデストルドー
水晶機巧ーハリファイバーにつなぐカードですね。初動を止められると動けなくなってしまうアダマシアの欠点を解消できるため非常にいいカードだと思います。これは動画の際に採用したほうが良かったかもしれません。

最後に
ここまでお読みしていただきありがとうございます。
アダマシアはテーマの動きがわかりやすくガチャガチャの要素は回していてとても楽しいです。
魔救の奇跡ードラガイトが滅茶苦茶強いため最近でたテーマの中では1.2を争うレベルで評価高いです。
シンクロモンスターのイラストも霊獣に似ていて合体しているようなイラストも非常にいいですし、鉱石を掘り当てるような効果はとてもマッチしているのでめっちゃ好きですね。
少し脱線してしまいましたが、こちらの記事を読んで一人でもアダマシアを組んでくださった方がいれば幸いです。では最後に使用した動画のリンクを張っておきますのでもし興味があれば視聴お願いします。
それでは失礼します。

今回のデッキを使用した対戦動画はこちらになります
話題の環境デッキの展開が強すぎる!アダマシアVS堕天使【#遊戯王】