デーモンバーン デッキレシピ紹介

デーモンバーン デッキレシピ紹介

今回はラッシュデュエルで新弾が出たので面白そうなデッキを組んでみましたので紹介します。
では、まずレシピを公開します。

メインデッキ(40枚)

モンスター(27枚)
エレキッス×3枚
エレンジェル×3枚
グレムリン×3枚
火口の番竜×2枚
真紅眼の黒竜×1枚(LGEND
クリボット×3枚
デーモンの呼び笛×3枚
ロマンス・ピック×3枚
砕光のエスパレイド×3枚
ロイヤルデモンズ・ヘヴィメタル×3枚

魔法カード(10枚)
ハンマー・クラッシュ×3枚
黒炎弾×3枚
貫通×1枚
世紀末獣機界ビーストギア・ワールド×3枚

罠カード(3枚)
カウンターボム×3枚

リストとデッキ名を見ていただくとわかる通り、バーンを主体にしたデッキタイプとなります。
まず、新弾で一番環境を変えたと思われるカードの世紀末獣機界ビーストギア・ワールドをどうしてもデッキに組み込みたいところから構築を始めました。
このフィールド魔法は、前環境のトップメタであるドラゴン族+魔法使い族のステータスを300も下げることが出来、且つ、自身のモンスターの攻撃力を上げることが可能です。実際の対戦では、ドラギアスの2500ラインが最上級のラインなので、山を張られてしまうとほとんどのカードが一方的に戦闘で破壊されてしまいますのでこのカードの存在で2200まで下げることが出来るため環境に大きな影響を与えたと考えられます。

次に、このカードを使う際にフィニッシャーは誰になるかを想定したところロイヤルデモンズ・ヘヴィメタルが適任だと考えました。理由としては、単純に基礎ステータスが2500あり、悪魔族であるためです。効果に関しても非常に強力で表側を破壊しその攻撃力分ステータスを上昇することが出来ますので状況によりますが3000以上のライフを取ることがこのカード1枚で可能ですね。

次にサブフィニッシャーとしては砕光のエスパレイドを採用しました。こちらもステータスが2500あり、世紀末獣機界ビーストギア・ワールドの影響を受けることがなくステータスを維持することが出来ます。このカードも状況は限られてしまいますが、一気にライフを削ることが出来る可能性を秘めているのと一応盤面に立てておいても高ステータスの壁になるので十分強いと思います。このカードの採用したことで今弾最強格のレアカードである、ロマンス・ピックを採用しました。
ロマンス・ピック自体はアドバンテージを稼ぐことが出来るカードですがデーモンの呼び笛を採用することで早い段階から通常モンスターを墓地に送ることが可能になり、デーモンの呼び笛+ロイヤルデモンズ・ヘヴィメタルのコンボを狙うことが出来ます。

デッキの初期段階では青眼の白龍をステータスの高さから採用をしていましたが、ロマンスピックの存在で早期からデッキを掘りに行くことが出来ることとデーモンの呼び笛が守備表示で特殊召喚になりますので真紅眼の黒竜と黒炎弾を採用しました。尚且つ、黒炎弾の使用後は真紅眼の黒竜は攻撃することが出来ませんが生贄にすることでそのデメリットを帳消しにすることが可能になります。そしてロイヤルデモンズ・ヘヴィメタルの効果を使用することが出来ますのでかなり綺麗なルートではないかと思いました。あとは生贄素材であるクリボット、グレムリンであったり、通常モンスター且つ、サイキック族であるエレキッス、エレンジェルを採用しました。

魔法カードに関しては構築的には一番警戒すべき、ダーク・リベレイションを破壊するためのハンマークラッシュを3枚とライフを一気に詰めるための貫通を1枚採用しました。

罠カードに関しては細かいライフの調整等ができるためカウンターボムを採用しました。世紀末獣機界ビーストギア・ワールドのヘイトはかなり高くなると思いますので魔法、罠除去はそちらに誘導されるため比較的打つチャンスはあると思いますが、ロマンスピック等を手札に残してあえて発動せずライフ管理をするなどの細かいテクニック等が活躍しそうですね。

世紀末獣機界ビーストギア・ワールドがあるため、魔法使い族やドラゴン族のコントロール気味なデッキに対しては優位に取れる構築だとは思いますが、速攻デッキのような一気にライフを取ってくるようなデッキに対しては非常に厳しい展開が続くと思います。ラッシュデュエルはやはり基礎的なステータスがないとライフが一気に削られてしまいます。あとはヤメルーラのようなロックデッキに対しても、うまく盤面を作れない可能性があります。

今回、紹介したロイヤルデモンズ・ヘヴィメタルですが、かなり強い効果でありキャラクターパックの強化も確定しているため今後まだまだ高くなっていく可能性があると思いますのでそうなってしまうとデッキが少し組みにくくなってしまうかもしれませんね……

もし、真紅眼の黒竜やロイヤルデモンズ・ヘヴィメタルを持っていてデッキを悩んでいるのであればぜひ参考にしていただければと思います。
ここまで見ていただきありがとうございます。
以上、Berryでした。