ドラグニティ デッキレシピ・紹介

ドラグニティ デッキレシピ・紹介

どうも、お久しぶりです、Berryです。
今回は、ストラクチャーデッキRにて強化された
「ドラグニティ」の紹介、解説していきます。

まずは、デッキレシピになります。

メインデッキ(40枚)

モンスター(26枚)

ドラグニティークーゼ×2枚
ドラグニティーファランクス×1枚
ドラグニティーレムス×3枚
霞の谷の幼怪鳥×2枚
増殖するG×2枚
灰流うらら×3枚
BF-精鋭のゼピュロス×1枚
ドラグニティーセナート×3枚
ドラグニティードゥクス×2枚
ドラグニティーレガトゥス×2枚
ドラグニティアームズーミスティル×2枚
嵐征竜-テンペスト×1枚
ドラグニティアームズーレヴァテイン×1枚
レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン×1枚
水晶機巧-ハリファイバー×1枚

魔法(9枚)
ドラグニティ・グロー×2枚
封印の黄金櫃×1枚
墓穴の指名者×3枚
抹殺の指名者×3枚
ドラグニティの神槍×1枚
竜の渓谷×3枚

罠(1枚)
ドラグニティ・ヴォイド×1枚

EXデッキ(15枚)
ドラグニティナイト・ヴァジュランダ×1枚
ドラグニティナイト・ガジャルグ×2枚
ヴァレルロード・S・ドラゴン×1枚
クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン×1枚
ドラグニティナイト・バル―チャ×1枚
ドラグニティナイト・アスカロン×1枚
ドラグニティナイト・アラドヴァル×1枚
ドラグニティナイト・ハールーン×1枚
聖刻龍王-アトゥムス×1枚
ドラグニティナイト-ロムルス×2枚
天球の聖刻印×1枚
ヴァレル・ソード・ドラゴン×1枚

以上に、なります。

今回の構築に関してのコンセプトとしては2回動けるように構築しました。
ドラグニティに関しては先行でガチガチに制圧することもできるのですが、エクストラの枠がきつかったり、一度返されるとメインで展開するためのカードがなくなってしまうことが考えられたためこのような構築しました。

先行展開に関しては、妨害の数よりも範囲とエクストラ消費の少なさを考慮しての展開パターンになります。
A (レムスor竜の渓谷)+B(ドラグニティチューナーorセナート)

今回は、レムス+クーゼのパターンですと
レムス効果で竜の渓谷サーチ→竜の渓谷でクーゼを墓地に送りドゥクスをサーチ→ドゥクスでクーゼを装備→ドゥクスとクーゼでガジャルグ→ガジャルグ効果でゼピュロスを墓地→ゼピュロス効果で竜の渓谷を戻して特殊召喚→レムス自己蘇生しゼピュロスとシンクロしハールーン→ハールーン効果でクーゼを装備し特殊召喚
ハールーンとガジャルグでアトゥムス→アトゥムス効果でレダメ→レダメ効果でガジャルグ蘇生→ガジャルグ効果で幼怪鳥をサーチし墓地に送り特殊召喚

幼怪鳥とレダメでロムルスをリンクしヴォイドをサーチ→クーゼとガジャルグでアラドヴァル→ロムルスとアトゥムスで天球をリンク→ハールーンが墓地に行ったためアラドヴァルに装備できます。
これで天球(バウンス)+アラドヴァル(モンスター効果無効)+ヴォイド(魔法、罠無効)の3妨害が完成します。

この展開のいいところはエクストラの消費が少ないかつ多種の妨害方法に散らばっているところです。例えばヴォイドを素引きしている場合等はグローをサーチしミスティルを絡ますことで横にヴァレルロード・S・ドラゴンも立てることが可能です。

あとは構築によっては破壊剣-ドラゴンバスターブレードを採用することで相手にエクストラを封じることが出来るのでより盤石な盤面にすることが出来ますね。
あとはガルーダなんかも入れているとバル―チャを1ターンで複数回特殊召喚できるためより展開を強くすることが出来ます。

後行の場合だと、ヴォイドではなくてグローをサーチすることでアスカロン+ヴァレルソードでワンショットキルを狙いに行きます。
相手の盤面を全破壊し4300+3000+3000の10300も出すことが出来るため多少ライフをゲインされていてもとどめがさせるのもいいポイントですね。

触った感触だと、レムスがものすごく強いのでこのカードはほかのデッキにも出張できると思っています。手始めにヴァレット辺りを触ってみようかなとは考えていますね。
ここまで見ていただきありがとうございました。
それでは失礼します。