カオスの力を搭載した新生ジャックデッキレシピ解説 

カオスの力を搭載した新生ジャックデッキレシピ解説 

こんにちは、ベリーです。
今回は動画で使用したリゾネーターの構築や回し方について、簡単に説明していきたいと思います。
構築
では実際のデッキレシピはこちらになります。

メインデッキ 40(14)
クリムゾン・リゾネータ―×3
シンクローン・リゾネーター×3
風来王 ワイルド・ワインド×3
黒き森のウィッチ×3
妖精伝姫-シラユキ×3
レッド・リゾネーター×2
ミラー・リゾネーター×1
クリエイト・リゾネーター×1
スカーレッド・ファミリア×1
コール・リゾネーター×3
スカーレッド・レイン×3
=================
灰流うらら×3
増殖するG×3
エフェクト・ヴェーラー×1
墓穴の指名者×3
抹殺の指名者×2
無限泡影×2

EXデッキ 15
レッド・ライジング・ドラゴン×3
妖精竜 エンシェント×1
混沌魔龍 カオス・ルーラー×2
レッド・デーモンズ・ドラゴン・スカーライト×1
えん魔竜 レッド・デーモン・アビス×2
レッド・デーモンズ・ドラゴン・タイラント×1
えん魔竜 レッド・デーモン・ベリアル×1
えん魔竜王 レッド・デーモン・カラミティ×1
スカーレッド・ノヴァ・ドラゴン×1
スカーレッド・スーパーノヴァ・ドラゴン×1
水晶機巧ーハリファイバー×1

今回の構築に関して誘発汎用枠が14枠となります。この枠に関してはメインの動きとは全くかかわらないため実質的にフリー枠となります。今後B.M,トレカカルテに関して汎用枠はフリー枠になりますので各々の個性が出る部分だと思っていただければ幸いです。

デッキを組むにあたって考えた内容

・混沌魔龍 カオス・ルーラーが追加されたことによりレッド・ライジング・ドラゴン経由の際に新たなアドバンテージ獲得手段を得たためデッキの非チューナを光闇に統一する必要がある点→光星4でカオスルーラーと相性がいいシラユキや光星1であるミラー・リゾネーターや墓地から回収することができるスカーレッド・レインの存在。

・レッド・ライジング・ドラゴン→クリムゾン・リゾネータ―蘇生からスカーレッド・スーパーノヴァ・ドラゴンに派生する動きが優秀であったが、カオスルーラを挟むことでスーパーノヴァにたどり着くにはシンクローン・リゾネータが必要である。基本的には後続を考えた場合、自己蘇生を含めカオスルーラが優秀であるのと途中で止まってしまってもえん魔竜 レッド・デーモン・アビスが優秀であるため積極的にプレイをしても問題ない。

・勝ち筋は2パターンほど、レベル12シンクロを使いライフを一瞬で削り取るかスカーレッド・レインの除去効果と回収効果を使いまわしアビスで制圧するか。実際レイン+アビスは前面で戦うタイプの環境デッキも突破はカードをかなり使うため有効な盤面と考えることが可能。

個別採用カード理由

メインデッキ
・クリムゾン・リゾネータ―×3
初動+このデッキのエンジン部分
このカードと星4さえ持っていればこのデッキのSモンスターは大体出てきます。
コールと含め6枚採用可能。
・シンクローン・リゾネーター×3
展開+後続の確保
星1最強のリゾネーターであり、ターンに1度と書いていないため後続やクリエイトを使い回し
盤面にレッド・デーモンを好きなだけS召喚をすることができる。初動にならないため2にしても可
・風来王 ワイルド・ワインド×3
条件付き特殊召喚対応+後続回収
非チューナでチューナーがいると特殊召喚可能なためクリムゾン・リゾネーターと合わせ
妨害を召喚権を使用せず確認する重要なカード。墓地から除外することでチューナーをサーチできるため
カオスルーラと相性〇
・黒き森のウィッチ×3
後続の確保+妨害
星4であり守備力1500以下をサーチすることができるため、このデッキのカードを大体サーチすることが可能
増殖するGやヴェーラーをサーチすることで実質妨害札としてカウント可能
・妖精伝姫-シラユキ×3
妨害
星4光でかつ墓地から蘇生できるためカオスルーラと相性がとてもいい
カオスルーラーで増えた墓地を除外することで妨害札となる
・レッド・リゾネーター×2
初動+ライフ回復
あらゆる誘発を踏んでしまうため2にしていますが3でもいいと思います。
回復量も2100~ぐらいは回復できるため安心できます。
・ミラー・リゾネーター×1
展開
クリムゾン・リゾネータで特殊召喚することができ、最も墓地に落とすことができる光チューナー
カオスルーラーの蘇生コストにするかレッドライジングで特殊召喚するのが基本的な運用
初手に引きたくないため1枚
・クリエイト・リゾネーター×1
展開
条件付きで特殊召喚可能な星3チューナー
基本的な運用としてはスーパーノヴァを出すために使用するかベリアルの種になります。
シンクローンで使いますこともできますし事故札になりやすいため1枚にしています。
・スカーレッド・ファミリア
展開
2ターン目以降に召喚するか、クリムゾンワイルドで動いた場合に
スーパーノヴァ+アビスまで動くことができるため採用。枠があった場合は増やしていいと思います。
・コール・リゾネーター×3
初動
サーチカードですね。クリムゾンにアクセスしたいため最大枚数採用
チューナーしかサーチできないため非チューナ―のリゾネーターが欲しいですね!
・スカーレッド・レイン×3
妨害
お手軽全体除外+効果を受けない耐性を付与
墓地から回収効果がついているため、カオスルーラーで墓地に落ちたとしても回収可
おそらくこのデッキで一番強いカードですね。カオスルーラー軸の一番のメリット

EXデッキ
レッド・ライジング・ドラゴン×3
このデッキの核、効果が通ればほぼ自分の好きな盤面を作ることが可能です
闇SドラゴンしかEXデッキから特殊召喚できなくなりますが
アビスやスーパーノヴァを出して盤面を作ることが可能です。
墓地から除外で1チューナーを特殊召喚する効果も優秀です
1ゲームで複数回プレイするため3枚使用しています。
・妖精竜 エンシェント×1
星7闇汎用ドラゴンがこの一種類であるため
このカードがないと動けない場合があるため採用しています。
・混沌魔龍 カオス・ルーラー×2
今回のデッキのコンセプトとなります。
待望の闇S8ドラゴンです、墓地肥やしと手札を増やすことができる大変優秀なテキストに加えて
自己蘇生することができ自身にも打点があるため非常に強力な一枚ですね。
・レッド・デーモンズ・ドラゴン・スカーライト×1
ライフを取りたいときやベリアルの蘇生先にしたい際に使用します。
基本はカオスルーラー優先です。
・えん魔竜 レッド・デーモン・アビス×2
妨害
生命線の一枚です、とりあえず立てておきたいカードになります。
シンクローンされ引いていれば大体は出てきます。
プレイする頻度が高いため二枚投入しています。
・レッド・デーモンズ・ドラゴン・タイラント×1
あまり使いませんが盤面などをリセットするときに無理やり使用します。
・えん魔竜 レッド・デーモン・ベリアル×1
展開で使用します、基本的にはアビスを蘇生したいですが
この効果のタイミングで除去が飛んでくるとつらいため使用タイミングは少し難しいですね
・えん魔竜王 レッド・デーモン・カラミティ×1
スカーレッド・ノヴァ・ドラゴン×1
スカーレッド・スーパーノヴァ・ドラゴン×1
状況に応じて使用します、スーパーノヴァはチューナー三体の用意が難しいため限られた盤面しか使用しないため
散らして投入しています、それぞれ活躍の盤面はしっかりあると思います!!あとかっこいいですね
・水晶機巧ーハリファイバー×1
正直使用していないです、使用する場合はリンクロスとオライオンなどを積むとチューナーしかなくても無理やり動くことが可能ですね。

最後に
ここまでお読みしていただきありがとうございます。
クリムゾン・リゾネーター→スカーレッド・スーパーノヴァ・ドラゴン→スカーレッド・レインと一気に強化が来てとても面白いデッキになっていると思います。
再録もたくさんされて料金としてもかなり安くなっていると思いますので、もしこちらのブログを見て組んでみた方がおられれば幸いです!!
では最後に使用した動画のリンクを張っておきますのでもし興味があれば視聴お願いします。
それでは失礼します。

カオスの力を搭載した新生ジャックデッキ リゾネーターVSドラグマ

決戦!!紅蓮と焔、悪魔龍と聖騎士 『リゾネーター』VS『焔聖騎士』

【♯遊戯王】悪魔が奏でる緋龍の煉獄曲VS呪いすら超克する竜騎士の魔槍(リゾネーター ガイア)