サイレント・マジシャン型マギストス デッキレシピ・紹介

サイレント・マジシャン型マギストス デッキレシピ・紹介

どうもお久しぶりです、Berryです。
今回は動画内にてリクエストがありました
サイレント・マジシャン型マギストスのデッキレシピになります。
まずはデッキレシピから

メインデッキ(40枚)

モンスター(25枚)
エフェクト・ヴェーラー×2枚
増殖するG×3枚
灰流うらら×3枚
結晶のサンドリオン×3枚
黒き森のウィッチ×3枚
召喚僧サモンプリースト×3枚
絶火の大賢者ゾロア×3枚
沈黙の魔術師-サイレント・マジシャン×3枚
法典の大賢者クロウリー×2枚

魔法(12枚)
死者蘇生×1枚
聖なる法典×3枚
ヴリトラ・マギストス×1枚
サイレント・バーニング×2枚
墓穴の指名者×2枚
三賢者の書×3枚

罠(3枚)
夢幻泡影×3枚

EXデッキ(15枚)
聖魔の乙女アルテミス×3枚
結晶の女神ニンアルル×2枚
法典の守護者アイワス×2枚
絶火の竜神ヴァフラム×2枚
Emトラピーズ・マジシャン×1枚
水晶機巧ーハリファイバー×1枚
神聖魔皇后セレーネ×1枚
アクセス・コード・トーカー×1枚
トロイメア・フェニックス×1枚
ヴァレルロード・S・ドラゴン×1枚

以上になります。
今回は、沈黙の魔術師-サイレント・マジシャンを最大限有効活用しつつ実践でも戦える構築を目指していますので汎用枠は抜いても全く問題ないので好きなギミックを入れていただければと思います。

サイレント・マジシャンを使う際の最大のメリットはハンドの要求値が低くなることです。サイレント・マジシャンさえ引いていれば魔法の1妨害をほぼ確実に無効にできるところと黒き森のウィッチをアルテミスに変換することでサイレント・マジシャンをそのまま特殊召喚できるので非常に相性がいいですね。

今回は、召喚僧サモンプリーストも採用しています。その代わりに召喚権が被ってしまう聖魔の大賢者エンディミオンは不採用ですね。サモンプリーストからウィッチを持ってくることが出来ますので実質7枚目以降のサイレント・マジシャンになりますね。手札にウィッチがあればゾロアを持ってくることが出来ますのでかなり優秀なカードですね、しかしながら、この構築の魔法カードは非常に強力なためなかなか手札を切りにくい場合もありますので気をつける必要があります。
サイレント・バーニングを搭載していますのでサモンプリーストで切ることが出来るとサイレント・マジシャンをサーチすることが出来ますので手札をより残して展開することが出来ます。

動画でも展開していましたが基本展開としてはヴァレルロード・S・ドラゴン+サイレント・マジシャンか法典の守護者アイワスになります。ウィッチはできるかぎり初ターンには展開に絡ましておきたいですね、墓地にさえ落ちていればゾロアのカードパワーが格段に上がるため意識するだけで勝率は変わってくると思います。
サイレント・マジシャン自体が展開をメイン2に回すことで3000ぐらいの攻撃力があるため、ライフもかなり取りやすいと思います。
純マギストスではできない相手の魔法カードを2回まで止めることが出来かつ、ライフを積極的に削ることが出来るため回していてもかなり楽しかったです。

基本展開ルートに関しては、一番簡単なのはサモンプリースト+サイレント・バーニングになります。

サモンプリースト召喚→コストでサイレント・バーニング→ゾロアを特殊召喚
サモンプリーストをアルテミス変換→ゾロア効果でアルテミス装備→ゾロア効果で
サモンプリーストを蘇生→サイレント・バーニングを除外し沈黙の魔術師-サイレント・マジシャンをサーチ→アルテミスをリリースしサイレント・マジシャン
サモプリとゾロアでヴァレルロード・S・ドラゴンで手札が4枚残りつつヴァレルロード・S+黙の魔術師-サイレント・マジシャンの攻撃力が3000ありますね!
ターンがまたぐとSにアルテミスが装備されているためサーチから動くことのできますし、ゾロアもサーチしているため2体目以降のサイレント・マジシャンを出していってもいいと思います。効果で破壊や戦闘で破壊さえれた場合はサイレント・マジシャン LV8も控えていますのでそれなりに相手も苦戦すると思います。

構築的にもかなり綺麗に纏まったのではないかと思います。
今後、コメント欄などでリクエストがあった場合はできる限り作っていきたいと思います。
しかし、手札誘発などはがっつり入ってくるのでそのあたりは了承していただければと思います。
ここまで見ていただきありがとうございました。