スプリガンズ デッキレシピ・紹介

スプリガンズ デッキレシピ・紹介

どうもお久しぶりです、Berryです。
今回は、BLAZING VORTEXにて登場した新テーマ
スプリガンズのデッキレシピ紹介になります。
まずはデッキレシピを載せます。

メインデッキ(40枚)

モンスター(21枚)
増殖するG×2枚
灰流うらら×3枚
アルバスの落胤×2枚
スプリガンズ・ピード×1枚
スプリガンズ・ロッキー×2枚
教導の聖女エクレシア×3枚
スプリガンズ・キャプテン サルガス×2枚
スプリガンズ・バンガー×3枚
教導の騎士フルルドリス×2枚
教導の大神祇官×1枚

魔法(12枚)
スプリガンズ・ウォッチ×3枚
テラフォーミング×1枚
ハーピィの羽箒×1枚
金満で謙虚な壺×3枚
天底の使徒×2枚
月の書×2枚
墓穴の指名者×2枚
大砂海ゴールド・ゴルゴンダ×3枚

罠(2枚)
スプリガンズ・コール!×1枚
ドラグマ・パニッシュメント×1枚

EXデッキ(15枚)
旧神ヌトス×1枚
灰燼竜バスタード×3枚
痕喰竜ブリガンド×1枚
鉄駆竜スプリンド×3枚
ウィンドペガサス@イグニスター×1枚
PSYフレームロード・Ω×1枚
スプリガンズ・シップ エクスブロウラー×3枚
天霆號アーゼウス×2枚

以上になります。
スプリガンズカードの採用枚数、理由の前にスプリガントカード全体の枚数は少な目に組んだほうがいいですね。理由としては初動単体で機能するモンスターが1枚もないため複数枚引いてしまうと事故が起きてしまいます。しかし、引かないと大砂海ゴールド・ゴルゴンダの起動コストを確保できなくなってしまうため、構築がすごく難しいと思いました。

スプリガンズ・ピード×1
スプリガンズ・ロッキー×2
スプリガンズの下級モンスターになります。ピードが蘇生、ロッキーが回収に当たります。初動とはならないため枚数は削りました。ピードの蘇生に関しては蘇生したいモンスターがスプリガンズ・シップ エクスブロウラーが一番蘇生したいんですが正規召喚がかなり難しいので蘇生対象はロッキーか サルガスがメインになると思います。盤面に干渉するカードタイプではないためランク4Xも積んでいないです。

スプリガンズ・キャプテン サルガス×2枚
スプリガンズ・バンガー×3枚
スプリガンズの上級モンスターです。サルガスが打点上昇と条件付き破壊効果、バンガーはスプリガンズ除外でスプリガンズカードのサーチ効果です。バンカーが一番優秀です。大砂海ゴールド・ゴルゴンダを維持さえすればスプリガンズ・ウォッチを好きなタイミングで持ってくることが出来ますので最大枚数採用しています。
サルガスは一度でも盤面に関わってほしい且つスプリンドでデッキから出てほしいカードですので2枚の採用にしています。

スプリガンズ・ウォッチ×3枚
大砂海ゴールド・ゴルゴンダ×3枚
文句なしの3枚採用です。スプリガンズカードの中で最も強く使いやすいカードですね。ゴールド・ゴルゴンダはスプリガンズ名称ではないため被ってしまうと動きずらいですが一番除去の的になりやすいため維持できないほうが不味いですね。
ゴールド・ゴルゴンダの攻撃抑制効果もかなり強いので思っているよりライフが減りにくいのもいいポイントですね。スプリガンズ・ウォッチは腐る状況が全くないですね、スプリガンズモンスター2枚に変換できる可能性があり、バンカーを墓地に送っておくことが出来ますので後続の確保もできています。スプリガンズは墓地に種類が必要なのでこのカードを打てた回数=素材にできる数になります。

スプリガンズ・コール!×1枚
墓地からスプリガンズかアルバスの落胤を蘇生することが出来ます。
基本的にはスプリガンズはサルガスを蘇生したいですね、アルバスの落胤を蘇生すると融合召喚できるので実質除去に変わりますね。そして融合先はサーチか特殊召喚に変わるためアルバスが落ちていて発動ができると非常に強力ですね。墓地から除外すると墓地のアルバス融合モンスターを素材にすることが出来るため融合先の墓地効果を再び使えるようになります。手札コストにもなるため1枚採用にしています。

相方のテーマですが、今回は背景上でも関わりのあるドラグマを選択しました。
召喚権が余りつつ、エクスブロウラーが出しやすいためエクレシアの召喚or特殊召喚がとてもしやすくフルルドリスがスプリガンズでは難しい相手ターンの妨害を担ってくれます。天底の使徒でスプリンドを墓地に送っておくとエンドフェイズにスプリガンズモンスターを特殊召喚ができるため、例えばですが天底の使徒+ゴールド・ゴルゴンダ+スプリガンズコストを用意することで最終盤面がエクレシア+エクスブロウラー+スプリガンズ・キャプテン サルガスと手札にフルルドリスを用意することが出来ますのでかなり強力な盤面を用意することが出来ます。

あとは、新規カードとして金満で謙虚な壺を採用しています。
ドロー効果がテーマ内に存在しないため非常に便利に使用できますね、エクスブロウラーは2枚以上使用したいため強欲で金満な壺はかなりリスキーになってしまいます。大砂海ゴールド・ゴルゴンダがアクセスできるカードが同名を含めて7枚あるためほぼ発動した場合は手札に持ってくることが出来るためフィールド魔法にアクセスしたいこのデッキの相性は抜群です。

アルバスの落胤に関しては、手札コストにはあまり困らないところとスプリンド等を使っていきたいので採用しています。上記でも説明した通り召喚権は余っているためかなり相性はいいと思います。

組んで回した感想としては、エクスブロウラーは想像以上に強く便利でした。
アーゼウスは採用していますが、フィールド魔法を割りたくないこととエクスブロウラーだけでも除去効果は十分だったのであまり使用はしませんでしたね、それでもお守りとしては優秀なので採用はしていますが。
新規カードが次増えるとのであれば、デッキからスプリガンズモンスターをサーチできる下級スプリガンズが少しほしいですね!

ここまで見ていただきありがとうございました。
対戦動画のURLはこちらになります。
フィールド魔法で簡単にエクシーズできて面白い! スプリガンズVSWW